最近、ブログを真剣に書き始めていろいろと周辺を研究していますが、とても気になるのがInstagramをFacebookと同じ感覚で使っている人。

メディアの質が違うのだけど、その辺が曖昧になってしまっている。Instagramは写真で訴えかけるのだから、説明より何より一瞬で人の心に飛び込むものでないと意味がない。

普通に使っている分には大丈夫だけど、商用目的で何でもかんでも自分を拡散するためだけに使っていたら、見抜かれます。

その点、この人の投稿が大好きです。石川県でキイチゴ星というユニットを組んで音楽活動をするkitonoteさん。

さすが音楽を愛する人だけあって、文章もステキなのだけど、写真にも物語がある。

彼女の奏でるピアノひと音ひと音に、優しさとおなじくらい厳しさも感じるのは、普段から自分の思いとそれを受け取る聴衆との共振をつぶさに受け止めているからなのでしょうね。

真夜中の彼女の投稿を見てそんなことをぼんやりと考えていました。 

tomomiさん(@kitonote)が投稿した写真 -




■遠藤レーコ:プロフィール


■よりあたふたな日常お届け中!