遠藤レーコが行く!八ヶ岳あたふた移住ライフ

女はり灸師、2011年五十路を目前に八ヶ岳の西南麓、信州富士見町にワンニャンと単身移住しました。東京武蔵野の実家と行ったり来たり。田舎暮らし・DIY・多地域居住・からだ・野草ハーブ・自給自足、これから作ろうと思っているタイニーハウスなど、にぎやかな暮らしをイラストや写真とともにお届けします。

2016年03月

こちらでブログをはじめて24日、ちょこちょことご紹介いただくようになりました。どこかで誰かが読んでくれている、と思うと、本当に嬉しいです。 昨日は、ちょっと検索したところ、驚いたことにカナダ・ケベック州で裏庭パラダイスを計画中だというばーばさんのブログで ...

先日の記事▶︎血縁から結縁へ〜結婚を超えた家族の作り方 で、わたしは「結縁」についてこのように書いた。血縁とは、始めから与えられたもの。結縁とは、なにかのはからい、ご縁によって結ばれてゆくもの。すると、はじめにツイートを引用させていただいたれんげ舎の長田 ...

その1夏は草との戦いです。刈れば刈るほど、彼ら、元気になります。わーいわーいと言ってこちらを挑発します。どんなに頑張っても、はっきりいって負けます。あきらめて原野ガーデンにして楽しむか、早めに早めに手を打つことです。あ。早めに手を打っていなかっただけ、と ...

ふふふふ。 ここから始まるあたふたビルド!?  図書館で本を借りてきました。   京都に住む建築家の方が、自分の家を6ヶ月でセルフビルドした体験を元に書き下ろしたそうです。 イラストも豊富で、かゆいところに手が届くような内容です。 今、インターネットで調 ...

場づくりを提唱するれんげ舎長田さんのツィートの中で、應典院・秋田ご住職の言葉がとてもしっくりきた。應典院・秋田さんの「生前のコミュニティ」の話が忘れられない。血縁から結縁へ。「家族」をとらえなおすインスピレーションをもらった。「血縁の家族が一番大切」とい ...

※この記事は、以前書いたものを加筆校正しました。最近はあまりやっていなかったのですが、以前はよく自分でドリームワークをしていました。これは、もともとオーストラリアの先住民アボリジニが行っていた夢見の手法のアレンジです。ヤラヤラ・ギブス・チュンガライ  「テ ...

歩くようなスピードで、こんなクルマが日本中を走っていたら可愛らしい。住むのはタイニーハウスで、町までは電気自動車で買い物に行く、なんて最高だ。もちろんソーラーシステムで充電して、助手席には愛犬とか。今日、Twitterで見たモビリティカー、かっわいい♪http://jap ...

3月7日にライブドアでブログを始めてから、20日目。本数は34本だから1日1〜2本はコンスタントに書いている。だいぶ慣れてきたけど、まだまだ力が入ってしまい、1本書くのに時間もかかる。ラクガキだったらめっちゃ簡単に描けるのになあ。 有名ブロガーイケダハヤト氏も ...

先日のこの記事が、ありがたいことに大変よく読まれています。▶︎あなたは最期の瞬間に何を腕に抱きしめていたい? そこで改めて伺いますが、「あなたは最期の瞬簡に何を抱きしめていたい?」切ないほど身近な、でも遠いものあなたは大切な人たちに囲まれて安心して逝きた ...

タイニーハウスタイニーハウス、と騒いでいるからか、たくさんの方がこのブログを尋ねて下さっている。 始めて3週間、しかもド素人なのに昨日は1000PV近くまで行って(多いか少ないのかわからないけど)、改めてタイニーハウスへの関心の高さ、それにTwitterの力を ...

母が2年半前に亡くなり、主のいなくなった親の家をせっせと片づけ始めた。 母親は、いわゆる「片づけられない女」だったので、出るわ出るわ。車何台分かわからないほど処分した。それは、介護しているときよりも、よほどエネルギーを消耗する作業だった。憔悴といってもよ ...

またもや古い話しで恐縮だが、26年前に東南アジアを旅する前は、オーストラリアをワーキングホリデービザでかけめぐっていた。 車を買い、キャンプでオーストラリアをほぼ一周。ここでも、田舎田舎へと走らせていた。愛車は4.0ℓのモンスターFord、エンジンルームをのぞくと ...

先日、おとなりの北杜市長坂町で開催された、竹内友一さん主宰SimplifeタイニーハウスワークショップのOpen House(▶︎よし、タイニーハウスを自分でつくる!)そのときにお話ししたこの人が、アメリカの第一人者、Dee Williamsさん。Greenzの彼女のインタビュー記事を読ん ...

アメリカ・ポートランドにある、タイニーハウスコミュニティSimply Home Community  The Big Houseと呼ばれている母屋があって、庭にかわいらしいタイニーハウスが4つあります。作るときは、お互い助け合ったそうです。住人は今のところ5人(かな?)母屋のキッチンには ...

タイニーハウスをつくる!と宣言したら、各方面から反響が相次いだ。多くは「やってみたい!」「うらやましい!」など肯定的、共感的なものだったが、中には「大丈夫?トシを考えなさい」とか「無理だよ、危ないよ、大変だよ」という否定的なものも結構あって、 ありがとう。 ...

きっぱりと晴れ上がった春分の日、となり町、北杜市長坂町で開催のタイニーハウスOPEN HOUSEにでかけました。竹内友一さんが主宰するタイニーハウスワークショップ。今年は第二期生たちが半年かけてモバイルタイニーハウス作りに挑んだそうです。この日は、その打ち上げお披 ...

四賀村のるりこう庵でのワークショップは、前日とは打って変わってスッキリとした青空になりました。お庭では、福寿草がお出迎え。かわいらしいですね〜。  日本でただ一人のチベット医、小川アムチ(チベット語でお医者さんの意味)の「森のくすり塾」2日目は、 ...

小雨降る中、松本から山に入った静かな集落、四賀村にある古民家を改装したるりこう庵まででかけました。お目当ては、日本でただ一人のチベット医、森のくすり塾・小川康アムチ(チベット語でお医者さんの意味)のワークショップです。 るりこう庵では、チベットの ...

ここ数日、八ヶ岳ふもとのハーバルショップをあちこち尋ねています。この春から提供するハーブボールマッサージやタイニーハウス&ハーブガーデン作りの構想もかねて、色々と教えていただいたり、イメージをふくらませているのです。 はり灸師のわたしは、もともとよもぎか ...

みなさま、こんにちは。遠藤レーコと申します。あ、違った。これはフレブルきなりちゃん(^^;;うちのお笑い大臣でした。リアルわたしはこんな感じ↓↓後ろの油絵は自分で描きました。現在、八ヶ岳の信州富士見町と東京武蔵野市を7:3くらいの割合で行ったり来たり。仕事は、 ...

春! はるはる〜っ!! 春は、冬の間にたまった毒素を排出する季節です。寒さで縮こまった身も心もフワッと解放させましょう。 というわけで、少し寒さがやわらいだのを機に以前から興味があったハーブサウナとカンボジア料理を堪能してきました。  ...

今日は、のらぼうの味噌作り本番でした。のらぼう隊長、じゅんちゃんちで、南アルプス甲斐駒ケ岳を眺めながらの作業。昨日の大雪とはうってかわって、きっぱりと晴れ上がった気持ちの良い一日となりました。 去年までは麦味噌を2年連続で作りましたが、今年は米麹 ...

今日は、わたしたち「のらぼう」の味噌の仕込み。のらぼうとは、野良の傍らでボ〜ッとしながら畑仕事をする仲間たちのことです。完全無農薬で自分たちで大豆を育てるところから味噌作りをしています。昨日は思いもかけぬ大雪に見舞われたので、外での作業は難しいかな。でき ...

午前中、デコボタニカルさんにお邪魔したあとは、 ▶︎白州デコボタニカルのガーデンカフェ、オープンが楽しみ♪これも以前から行きたかった小淵沢のこぶダイニングでランチをいただきました。 鹿の和風ハンバーグ↓ 頼んだのは、鹿ハンバーク和風ソース850円、ご ...

今日はまさかの朝から大雪。午後7時現在じゃんじゃん降っております。 信州と甲州はまるで違う国のようそんな中、山梨県は北杜市白州にあるデコボタニカルさんに行ってきました。驚いたのは、わが家から30分もかからないのに、まったく雪が降っていなかったこと。  ...

今朝、窓の外が何やら白かったん?そう、雪がじゃんじゃん降ってます真冬のような積もり方こんな日は、ワンコたちお散歩断固拒否ですホワイトデーだからって何も雪・・・汗こちらでは、4月になってどか雪が降ったりしますスタッドレスタイヤはまだまだ手放せませんね〜大活 ...

7年前に亡くなった父親は、生きているときはバカボンのパパと同じ植木屋さんでした。だからか、バカボンのパパをたいそう尊敬しておりました。 わたしも幼い頃は、よく伐採した枝の片付けや、掃除などの手伝いをしてお小遣い稼ぎをしていました。たまには剪定 ...

友人のクロちゃんが、還暦目前にして巨猫バジルと八ヶ岳に引っ越すことになったそしたら本人からさきほどラインがあり、20年ごとに大きな引っ越しをしていることに気づいたそうだ20才 荻窪→三鷹 40才 アパート→マンション60才 調布→八ヶ岳人生はおもしろいも ...

なんで、はあちゅうさん?先日来、イケダハヤトさんをウォッチングしていることは何度も書いていますが、イケハヤ氏も注目のはあちゅうさんのnote有料マガジンも購入してみました。▶︎コンテンツ論〜自分をメディア化する方法〜<不定期連載。これから発信を始める人や今ま ...

Blogを心機一転したら、楽しくって仕方ない!色々いじったり、記事を書いていたりするとあっという間に時間がたっている。それに何でもコンテンツになると分かれば、日々のこんなことあんなんなことが、とってもイキイキしてくることにも気づいた。ネタも、コンテンツってい ...

↑このページのトップヘ